日本一周放浪の旅を振り返る

 

今回は車中泊編

 

以前のブログを読んでくれていた方からは「お前、車中泊なんかほとんどしてねーじゃん・・・」

 

そんな声が聞こえてきそうだが、フルシカトで進めていこう

 

まず、金をかけずに長い間放浪するとなると宿泊費を抑える事を考えなければならない

そんな事は小学生でもわかる

 

そこで俺は出発前から入念な準備に取り掛かった

段取り8割・仕事2割

昔働いていた建設会社のオッサンがドヤ顔で言っていたのを思い出した

 

そして仕事の合間を縫ってホームセンター通いと日曜大工が始まった

まずは工具類を1から買い揃えていった

軽自動車の助手席を倒し、後部座席へと板を敷きベッドを作成した

材料費で4000円くらいだったはず

足を伸ばして寝るにはギリギリだったが、綺麗にはまってくれた

板には銀マットを貼り快適性を追求

寝袋・枕も用意し車中泊の準備は整ったのであった・・・

 

 

いざ実践!!

季節は夏真っ盛り

出発するとすぐに道の駅での車中泊を敢行した

場所は道の駅赤城の恵(群馬県前橋市)

ここは温泉も併設されているすばらしい道の駅で駐車場も広く車中泊をしているであろう車が数台停められていた

 

到着しカップラーメンを食べ終わるとすぐに就寝の準備

「なんだ・・・このベッドめっちゃ快適やん!さすが俺!」

ドヤ顔で寝袋にピットイン

身体が疲れていたこともあり、放浪の旅1回目の車中泊はすんなりと眠りにつくことが出来たのである

 

 

翌朝・・・

目が覚めると、今まで味わった事の無い感覚に襲われていた

身体中の水分が奪われ、気分は蒸されたてのシュウマイ

 

這いつくばるようにして車内から何とか脱出した・・・

俺は夏の暑さを完全になめていた

無知とは恐ろしい・・・車中泊で大切なのはベッドの快適さよりも車内の温度だった

 

そしてこの時思った・・・

車中泊は控えようと・・・

 

その後、8ヶ月に及んだ放浪の旅で車中泊をしたのはわずか数回

その殆どをマンガ喫茶で過ごす事となったのである・・・

 

 

これから車中泊で放浪しようとしている諸君

俺がアドバイスをしてあげようではないか!

 

約20万円で買ったポンコツの軽自動車での夏の車中泊は正直キツイ

 

何故ならエンジン音がうるさすぎて、エンジンをかけたままエアコンを付けて寝ることができないからだ

俺の車は30秒に1回くらいのペースで機関銃で撃たれたような音がする

 

金があるなら割とまともな軽自動車を購入しよう

 

しかし、これから軽自動車で放浪しようとしている奴にそんな金があるとは思えない

 

そこで苦肉の策・・・

 

まずは基本的に体力の限界がくるまでは絶対眠らないこと

もう無理だ・・・死んでしまう・・・というぐらいまで眠くなってきたらエアコンをマックスにして車内をギンギンに冷やそう

 

そしてエンジンを切り、一気に眠りにつく

これが夏の車中泊で俺が1番眠る事ができた方法だ

 

どうだ?勉強になっただろ?

 

しかし朝になると当然車内は暑く、ヤバイ事になっている

途中で暑くて目が覚めてしまう事もあるはずだ

 

そこは節約だと思って諦めるしかない・・・

 

読者の方から教えて頂いた事なのだが、睡眠中でも熱中症になることがあるらしいので枕元には水分を置いておく事を忘れずに・・・

 

今後車中泊はリベンジしていくつもりなので、またそのうち実践し記事にしようと思う!

 

~ブログランキング参加中~

下記の画像クリックにご協力下さい!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ダメ人間日記ランキング

 

スポンサードリンク



日本一周放浪の旅を振り返る~車中泊編

投稿ナビゲーション


日本一周放浪の旅を振り返る~車中泊編” への4件のフィードバック

    1. 匿名さん
      コメントありがとうございます!
      またすこしづつ更新していくので宜しくお願いします!

    1. 矢田@医療職兼業トレーダーさん
      コメントありがとうございます。僕も不器用なんで素人仕事ですよ!笑
      応援返ししておきましたよ!ポチッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。