日本一周放浪の旅を振り返るシリーズ第2回目は・・・

自炊編!

 

全国を軽自動車で放浪しご当地グルメを食べまくるという旅でもあったが、さすがに毎日外食ばかりでは金もかかる

 

それが8ヶ月の放浪ともなると尚更・・・

 

 

そんなわけで出発前には自炊道具もしっかりと準備したんだけど、まぁ予想通り手間と時間のかかる自炊をしたのは数える程度だった

 

メインで使ったのはSOTOレギュレーターストーブ ST-310

 

更にドンキで小型のバーベーキュー用グリルも購入し2台体制とした

 

 

基本的に自炊をする場所は道の駅や公園の駐車場、車のトランク部分で調理を行う

野菜不足ということもありメニューは野菜炒めが多かった

刃物を車に積んでおくと職質された時などめんどくさい事にもなりかねないので、野菜はカットされたものを購入する

スーパーにいけば100円程度で何種類かの野菜が入っているものが売っていた

それと肉を一緒に買って焼き、お湯を沸かし米を温めて完成

まぁそれなりに満腹感は得られるし、手間と時間はかかるがやっぱり自分で作る飯は旨い

そして旅をしているという実感が沸いてくる・・・

 

 

そんな自炊の中でも特に印象に残っているものが2つある

1つ目は兵庫県の無料キャンプ場

丸山県民サンビーチ

 

ドンキで買ったバーベーキュー用グリルを使用した(最初で最後・・・)

 

この時はいつも肉、野菜にサンマの切り身も購入

肉は網で焼いていったのだが、若干焦げてしまい微妙な感じに・・・

このまま同じようにサンマを焼いたとしても悲惨な未来は見えていた

そこでアルミホイルを使うことに

サンマをアルミホイルで調理するなんて聞いたこともないが、焦げて食えなくなるよりはマシだと思い野菜と一緒に包んでしばらく網の上で放置

少し薄味だったが、それは味付けの問題

しっかり火が通り料理としては無問題

炎天下の中での自炊だったが、すぐ目の前が海という最高のロケーション

しかも無料・・・

キャンプでの自炊はやはり最高である!!

 

 

 

 

 

2つ目は沖縄県名護市のプライベートビーチでの自炊

 

プライベートビーチとは俺が勝手に言っているだけで、人気の無いゴミが散乱した砂浜だった・・・

 

「どっか車中泊できそうなビーチはないかな?」と適当に車を走らせていると、国道沿いに半分草で隠れた入り口を発見した

 

軽自動車1台がギリギリ通れるくらいの細い道を中に入っていくと

そこには探し求めていたビーチがあった・・・

ここで車中泊をすることにし食料を買出しにいった

 

 

 

その夜・・・

 

もちろん街灯なんてものはないので外は真っ暗

コンロを準備するのもめんどくさかったので、その辺に転がっていた流木を使うことにした

 

ノコギリを取り出し流木を2つに切断

思いのほか苦戦し体力が奪われてしまう・・・

 

この時は沖縄でのスロットの調子がすこぶる悪く金欠・・・

食事は気持ち質素に済ませる

 

兵庫県で習得した、通称アルミホイルグルグル焼きで鶏肉を調理していった

炭と網の距離が若干遠く、火が通っていないことも考えられたので波の音を聞きながら長い時間をかけた

 

 

画像では伝わらないが、じっくりと時間をかけて焼いた鶏肉はめちゃくちゃ柔らかい・・・

おそらくここまで鶏肉を上手く調理できるのは俺かカーネルサンダースくらいだろう

放浪の旅の自炊の中でNO.1の料理は間違いなくこれである!

旅先では店で金を払い旨い飯を食うのも良いが、たまには自分で自炊して飯食うのも悪くはない

節約という点はもちろんだが、俺は何よりもこのサバイバル感が好きだ

本当はもっと自炊をしながら旅をしたかった・・・・

洗いものさえなければね・・・

~ブログランキング参加中~

下記の画像クリックにご協力下さい!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク



日本一周放浪の旅を振り返る~自炊編

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。